創業者木村東介について
羽黒洞木村東介
Page (1)(2)(3)(4)








Lennon
M E N U

Top
過去の展示

天神下 はぐろ洞
作家紹介
書籍販売
Link
Info
Mail


木村東介について
(1)
(2)(3)
(4)
 辻政信氏が衆議院議員の頃、当時私と親交のあった中村岳陵先生が横山大観先生の忌諱にふれて、美術界からまま子扱いにされていることを話すと、彼は単身、横山邸に乗り込み、時の文部大臣松村謙三氏を引っぱり出してきて、両画伯二十数年来の確執を取り結んだのである。
それから二年後、大観先生は心にかかる雲もなく九十一歳で昇天された。
 私の家も古い家だが、ジョン・レノンはそこが気に入ったと言い、ロンドンに帰ったらこんなような日本家屋を建てると言った。そして次に床の間「曽我齋白」に目をつけた。
「ハウマッチ」
「45万」
「OK」