今月の展示
羽黒洞
-羽黒洞では今月の展示はありません

天神下 はぐろ洞

New Exhibition
河童展
阿部清子・江本 創・大野俊治・大野泰雄・郡司 宏・古茂田杏子
逆柱いみり・西川芳孝・馬籠伸郎・水口和紀・美濃瓢吾

2012年6月26日(火)〜7月7日(土)
日曜休廊
AM11:00-PM6:00


湯島天神下、はぐろ洞より皆様へおすすめ致します。
私は、河童だったんだ!という話を画家さんたちに致しましたら、
「実は俺も河童だった」「僕は蛇でした」とか、「私は何だったんだろう」ノ。
そうして始まったのが2009年の『湯島天神下 河童展』です。
今回はおばけ大学さんにもご協力頂けるとのことで、鬼に金棒、何が起きても屁の河童です。
さて、いったいどんな展覧会になるのか、みなさま湯島の河童たちに会いに来てくださいませ。



羽黒洞より夏の展示のお知らせ

ART colours vol.2 "RYOMI(涼味)"
【期 間】 
2012年6月11日(月)〜9月2日(日) 11:30am-10:00pm
      (期間中無休。ただし臨時イベントにより会場内入場の時間制限などを設けさせていただく場合もございます。)
【会 場】 
パークホテル東京 25F アトリウム 〒105-7227東京都港区東新橋1-7-1汐留メディアタワー
       TEL:03-6252-1111(代)   Email:takahashi@shibaparkhotel.com
【出品作家】 荒井経、水口和紀




料理で夏の涼しさを表現! 日本の趣「RYOMI(涼味)」展も同時開催
パークホテル東京(汐留メディアタワー内)は、2012年夏、
ART colours第2弾としてメRYOMI(涼味)モをテーマとしたプロジェクトを展開します。
6月11日から9月2日までの期間中、日本の夏の趣をホテルで体感いただくための様々なプランを用意、
レストランでは夏野菜を使った目にも鮮やかな「アトリウムディナーコース」や、
1日の終わりに最適なカクテル「夕涼み」などをご提供いたします。
 都内最大級の25Fアトリウムでは、第一弾「春色の墨」展に続き、
「RYOMI(涼味)」展を開催。江戸末期から明治の頃にメみやげ絵モとして評判だった「泥絵」や、
江戸末期にメべろ藍モと呼ばれた鮮やかな藍色を使った日本画など、
日本古来の青にこだわった作品をアトリウム全体に展示、パークホテル東京が天空の画廊へと様変わりします。
暑い夏を忘れ、日本の「涼」を感じる美のおもてなしを、ぜひお楽しみください。


パークホテル東京
http://www.parkhoteltokyo.com/


M E N U

Top
過去の展示

天神下 はぐろ洞
作家紹介
書籍販売
Link
Info
Mail


木村東介について
(1)
(2)(3)
(4)