おしらせ
-



今月の展示
New Exhibition
浅井秀美写真展
不忍の風  -時の移ろい-
2019年4月5日(金)〜4月13日(土)
会期中無休
11:00-18:30



湯島の羽黒洞を訪れる途中、爽やかな風が不忍池の方から吹いてくる。
ああ画廊が近い、これまで幾多の画家や美を求める人たちがこの地に引き寄せられて来たのだろう。
かつてビートルズのジョン・レノンが画廊に不意やって来て、
芭蕉の直筆「古池や蛙飛び込む水の音」の短冊や白隠の達磨の絵などを買い求めたという。
羽黒洞先代社長・木村東介氏は、その時のことを著書『不忍界隈』に書かれており興味深い。
東介氏が興した羽黒洞の精神は現在の画廊主・木村品子さんに受け継がれ、彼女を慕う人たちが集まってくる。
画家の堀内康司さんに連れられ約40年の歳月が経つ。そして今回、写真展を開かせてもらう事になり感謝です。
上野に行くと、なぜか不忍池に吸い寄せられ、刻一刻と移りゆく様々な風景を出会いシャッターを切って来た。
時間や空間は移ろうものと思いながら長年、写真を撮って来た。
モノクロ写真約70点を並べてみます。絵と同じように自由に見て感じとって頂けば幸いです。

(公社)日本写真家協会会員 浅井秀美

備考 【明治17年?明治25年まで、不忍池を周回する約1600メートルの馬場で[上野不忍池競馬]が春と秋に開催された】
M E N U

Top
おしらせ
過去の展示

作家紹介
書籍販売
Link
Info
貸画廊のご案内
Mail

木村東介について
(1)
(2)(3)
(4)