おしらせ


今月の展示
羽黒洞
Next Exhibition
宮島詠士 墨蹟展
2016年11月14日(月)〜11月26日(土)
日祝休廊
11:00-18:30

ご挨拶 
宮島詠士(大八)生誕一五〇年を迎え、山形市に続いて東京・湯島の羽黒洞において、
書展を開いていただくことになり、心から嬉しく思います。
宮島詠士の生涯は決して安穏なものではありませんでしたが、
師・張裕?先生を心から信頼し、尊敬し、その書法の追求に没頭した一生でありました。
そして、やがて独自の書風を形成するに至りましたが、
その書体は烈しく、力を抜くことなく描かれた細い筆線は優美であり、
且つ言葉では言い表せない色香--艶を感じさせています。
真の日中友好が叫ばれている今日、日中の師弟愛が生んだ、
一人の日本の書人の作品をご観賞頂ければ幸いです。

宮島吉亮(詠士孫 善隣書院長)


詠士先生は「人種平等」の実現を望み、
たゆまず書にて強烈な主張を表現されました。
先生の書の中にどっぷりと腰を入れ、
これからの日々をあらためて考えたいと思っております。

木村品子






天神下 はぐろ洞
-天神下 はぐろ洞では今月の展示はありません
M E N U

Top
過去の展示
天神下 はぐろ洞
作家紹介
書籍販売
Link
Info
Mail


木村東介について
(1)
(2)(3)
(4)