今月の展示
羽黒洞
New Exhibition
入口 -いりぐち-
亀井三千代・馬籠伸郎・渡辺つぶら 三人展
2015年11月16日(月)〜11月28日(土)
日祝休廊
11:00-18:30


亀井三千代 フリンジ


馬籠伸郎 いつも


渡辺つぶら 茶吉尼天の八柱御子の命、秦乙足により救わるの図


作品は、描き手の世界への入口。
八百万の神、名もなき神、消されてしまった神々たちを独自の目線で紐解き描きながら
後生に伝えたいという古(いにしえ)の神話世界の渡辺つぶら。
解剖学を学び近年は春画を探求、人体から想起する表現に虚と実、
生とエロスを交錯させて世界像の把握を試みる亀井三千代。
自身の思想を古来の妖怪の姿で表現し全てのネガティブをポジティブに変容させる
新たな妖怪の世界観を持つ馬籠伸郎。
其々の入口の前にお立ちになり三つの異次元をぜひお楽しみください。




パークホテル東京・
展示のお知らせ

AIH Artist Floor展
秋葉生白

【期 間】   
2015年12月14日(月)〜2016年2月28日(日) 11:30am-10:00pm
       
(期間中無休。ただし臨時イベントにより会場内入場の時間制限などを設けさせていただく場合もございます。)

【会 場】   
パークホテル東京 31F AIHアーティストフロア
      〒105-7227東京都港区東新橋1-7-1汐留メディアタワー(フロント25F)
        TEL:03-6252-1111(代) http://www.parkhoteltokyo.com/
【公式サイト】   
http://parkhoteltokyo.com/event/exhibition-artistfloor-akiba2015/


アーティストルーム「禅」を手がけた書家の秋葉生白によるAIHフロア展。
近年作家にとって重要なテーマとなっている「祈りのはこ」の□(サイ)や
I(コン)などの漢字を組み合わせた図像と書が、華やかなきものに仕立てられました。
同作品を31階回廊にて展示いたします。



《AIH Artist Floor展とは》
「日本の美意識を感じられる時空間」というホテルコンセプトの中の主要プロジェクトとして、
客室全体をアーティストが装飾するArtist in Hotel (AIH) という取り組みによって
制作された部屋が並ぶ31Fのフロアをつなぐ回廊をギャラリーにしたアート展。
宿泊客以外にも開放し、原則として部屋の制作を手がけたアーティストが持ち回りで
新作発表、過去の作品の展示即売、実験的インスタレーション等を行う。アートに特化したフロア全体で、
日本美をテーマにしたアーティスト達の今の世界観を見て感じて楽しむことができる。

*AIH公式サイト:http://www.parkhoteltokyo.com/artcolours/aih.html


[きもの制作] シルフィード有限会社

[協力]羽黒洞

[総合プロデュース]creative unit moon


パークホテル東京
http://www.parkhoteltokyo.com/
http://www.parkhoteltokyo.com/artcolours/






天神下 はぐろ洞
-天神下 はぐろ洞では今月の展示はありません
M E N U

Top
過去の展示

天神下 はぐろ洞
作家紹介
書籍販売
Link
Info
Mail


木村東介について
(1)
(2)(3)
(4)