今月の展示
羽黒洞
New Exhibition
相鏡(そうきょう)の会

2015年5月11日(月)〜5月23日(土)
日祝休廊
11:00-18:30

<出品作家>亀山祐介・手塚恒治・能島浜江・間瀬静江・森美樹

亀山祐介 手塚恒治

能島浜江 間瀬静江

 森美樹

人間を描くことは絵画の基本です。私たちは一人の人間として、様々な人間と関わり、
愛し、憎しみ、喜び、悲しみ、それぞれの日々を生きています。
人間を描くことは個々の生き方を描くことです。
またそれを観ることは、他者を重ね合わせつつ自分を顧みることでもあります。
絵画はまさに鏡のようなものです。
今回集まった日本画の先生方五名は、ともに日展を舞台に独自の人物画を追求されています。
各々に描かれた人間とその生き方が如何に共鳴するのかが実に楽しみです。



パークホテル東京・
展示のお知らせ

ART colours vol.12
コノキ・ミクオ『無邪気な鉄たち-Iron Brutes II-
』展

【期 間】   
2015年3月31日(火)〜2015年6月4日(日) 11:30am-10:00pm
       
(期間中無休。ただし臨時イベントにより会場内入場の時間制限などを設けさせていただく場合もございます。)

【会 場】   
パークホテル東京 25Fアートラウンジ&31F
      〒105-7227東京都港区東新橋1-7-1汐留メディアタワー
        TEL:03-6252-1111(代) http://www.parkhoteltokyo.com/



春を告げる東風とともに舞い降りる「風神」、凍て雲を解き雷鳴を響かせる「雷神」。
恐ろしげな鬼の姿をした自然現象を神格化したこの二つの神は、
時には畏怖の対象として、時にはユーモラスな存在として古くから日本人に親しまれてきました。
今回のアートカラーズ「無邪気な鉄たち?Iron Brutes??展」では、
美術家コノキ・ミクオの手によって鉄で制作された大きな風神・雷神が、
どこかおどけたような愛嬌ある仕草でホテルに訪れる皆様をお出迎えいたします。
会場となる25階のラウンジには、生きる喜びに溢れた春にふさわしいたくさんの作品が展示され、
子供のように無邪気に元気一杯に遊びまわります。
水温むうららかな季節、人の心もホッと和ませてくれる、
そんなアート展をパークホテル東京でお楽しみください。


協力:羽黒洞/松山庭園美術館
映像制作:antymark
総合プロデュース:creative unit moon

パークホテル東京
http://www.parkhoteltokyo.com/
http://www.parkhoteltokyo.com/artcolours/






天神下 はぐろ洞
-天神下 はぐろ洞では今月の展示はありません
M E N U

Top
過去の展示

天神下 はぐろ洞
作家紹介
書籍販売
Link
Info
Mail


木村東介について
(1)
(2)(3)
(4)