今回の展示
羽黒洞
New Exhibition
小さな人人展
2012年3月14日(火)〜3月24日(土)
日曜祝日休廊
11:00am-6:30pm(最終日は4:00pmまで)
出品予定作家
阿部清子、猪瀬辰男、大野俊治、大野泰雄、岡田慶隆、奥津幸浩、小野なな、亀井三千代、久保俊寛、
郡司宏、古茂田杏子、佐々木誠、高橋美子、田上允克、田端麻子、内藤瑶子、長尾春枝、並木鏡吾、
成田朱希、西田弘英、尾藤敏彦、ヘンリー市川、松三郎、美濃瓢吾、山崎美佐子、吉田佑子、米田昌功、
LUNE、渡辺遮莫次郎、渡辺つぶら、大島哲以、佐熊桂一郎、中村正義、星野眞吾、山下菊ニ




『小さな人人(ひとひと)展』開催します。
毎年東京都美術館での人人展と同時開催しております『小さな人人展』。都美術館での展覧会は改修工事の為お休みになりますが、
当店では今年も楽しく賑やかに開催します。創立会員も含めた35名の作品を展示致します。


羽黒洞が協力する芝パークホテルのギャラリーにて、ニッポンのワザドットコムによる
「職人という生き方展 vol.3 輪島塗」が始まりました。


会場:芝パークホテル東京25F・Japanese Craft Art Lounge「掌tanagokoro」
※ 25F ホテル入り口から右奧に進み、コンシェルジュデスクの左手奥が展示スペースになります。
時間:8:00〜20:00
期間:2012年1月1日(日)〜3月31日(土)
入場無料/無休
展示内容 : 輪島塗職人の世界展(写真スライドショー・江戸期肉筆浮世絵)、輪島塗漆器
(出品者/無休塩安漆器工房、木地師・辻義宣、呂色師・大橋清、蒔絵師・北濱幸作、沈金師・山崎徹司朗)
の展示&販売、書籍などの販売

お問い合わせ】
03-6252-1111
イベント担当 event@parkhoteltokyo.com
ニッポンのワザドットコム  http://www.nipponnowaza.com/
ギャラリーニッポンのワザ  http://www.gallerynipponnowaza.com/
芝パークホテル http://www.shibaparkhotel.com


羽黒洞より春の展示のお知らせ

ーホテルで日本の美を体感 ART colours「春色の墨」展
【期 間】 
2012年3月26日(月)〜5月27日(日) 11:30am-10:00pm
      (期間中無休。ただし臨時イベントにより会場内入場の時間制限などを設けさせていただく場合もございます。)
【会 場】 
パークホテル東京 25F アトリウム 〒105-7227東京都港区東新橋1-7-1汐留メディアタワー
       TEL:03-6252-1111(代)   Email:takahashi@shibaparkhotel.com
【出品作家】 
阿部清子、亀井三千代、木村浩之、生井巌、日置路花、平澤重信


「春色の墨」展 テーマ概要
墨色は、日本の伝統文化の中で極めて重要な色と言えます。
墨とは、油煙や松の根を燃やして出た煤(すす)を膠(にかわ)で練り固めたものです。
それを水と硯ですってできた色が墨色となります。古くから黒い色を着色する際に最も多く使用され、
数千年という年月にも耐える記録材料とてして、歴史を語り伝える際の大きな役割をもっています。
また墨は、インクとしてだけではなく、絵画では水墨画、工芸では漆にも用いられ、
そして書として、文字を芸術にまで高めた、この国には欠かせない材料です。
特に、日本の芸術はこの墨の明暗で色を表現することを好みます。
この度、パークホテル東京のアトリウムでは『春色の墨』と題して現代作家の展覧会を開催致します。
墨で日本の春を感じて頂ければ幸いです。

阿部清子 「時は来た」 2012年 墨・岩絵具・和紙 53.0 X 40.9cm

パークホテル東京
http://www.parkhoteltokyo.com/


佐々木誠の木彫が、アートフェア東京「シャッフル2」にて展示されます
【期 間】 2012年3月30日(金)〜4月1日(日)
      内観会 29日(木)16:00-18:00   オープニングプレビュー 29日(木)18:00-21:00
【時 間】 30日11:00-21:00  31日11:00-20:00   1日10:30-17:00
【会 場】 アートフェア東京 東京国際フォーラム 地下2階 「シャッフル2」 ブース
      東京都千代田区丸の内3-5-1 URL: www.artfairtokyo.com



「シャッフル2」
アートフェア東京2011の連動企画でもあった、白金のギャラリーコンプレックスで3月に開催された山下裕二氏
(明治学院大学教授)キュレーションによる「シャッフル」展。
アートフェア東京2012では、山下氏をキュレトリアル・アドバイザーに迎え、その続編として「シャッフル2」を展開します。
本展では、古美術から現代美術までまさにジャンルを超えた日本の良品が、特別出品されます。


佐々木誠 「八拳須 ヤツカヒゲ」 楠 彩色 W60/D40/H70


次回の展示
羽黒洞
Next Exhibition
日本民族美術の力4「ときこきまぜる」
2012年3月30日(金)〜4月18日(水)
日曜祝日休廊
11:00am-6:30pm
出品予定作家
桃山期柳橋屏風、肉筆浮世絵、佐々木誠、内藤瑶子、中村正義、美濃瓢吾、山本萌美
   

「日本民族美術の力4 ときこきまぜる」と題し、古美術と現代美術合わせて展示致します

左より
佐々木誠 「祖形 坐 ヒトガタ ザ」 桂 彩色 W50/D55/H90cm
柳橋屏風 桃山期 147 X147cm
美濃瓢吾 「招き猫」 瀬戸焼 W27/D30/H51cm


天神下 はぐろ洞
-天神下 はぐろ洞では今月の展示はありません
M E N U

Top
過去の展示

天神下 はぐろ洞
作家紹介
書籍販売
Link
Info
Mail


木村東介について
(1)
(2)(3)
(4)