今月の展示
羽黒洞
New Exhibition
-江戸の華-
肉筆浮世絵展

2011年1月7日(金)〜1月22日(土)
日曜休廊
11:00am-6:30pm

あけましておめでとうございます。
牡丹の扇子に、あばれ熨斗模様の小袖で舞う役者図を描いたのは、寛文三年の卯年生れ、別名を卯観子といった絵師小川破笠。
蒔絵、俳句にもすぐれ、江戸中期に活躍した多才な芸術家です。また、卯は子孫繁栄家内安全、
月の卯は不死の薬をついているという故事もあり、おめでたづくしの干支であります。
あやかりたいものです。皆様良い年になりますように。本年も何卒宜しくお願い申し上げます。
木村品子 木村泰子

裸卯観子筆 婦女扇舞之図
うかんし【卯観子】とは、小川破笠(1663-1747)の別号。絵師であり、工芸家であり、芭蕉の門下で俳人でもあった。


天神下 はぐろ洞
-天神下 はぐろ洞では今月の展示はありません
M E N U

Top
過去の展示

天神下 はぐろ洞
作家紹介
書籍販売
Link
Info
Mail


木村東介について
(1)
(2)(3)
(4)