おしらせ
-こども羽黒洞・おとな羽黒洞vol.4-
画家 内藤瑶子さんと作る・描く・刷る
「プレス機で版画を楽しもう」
前回大変ご好評をいただきました、内藤瑶子さんの版画ワークショップです。
簡単な工程ですので、小さなお子さんから大人までお気軽にご参加いただけます。
コラグラフとモノタイプを使った版画を制作します。
プラスチック版に、紙などを貼って組み合わせたコラグラフ(凹版)に
指で色を塗って(平版・モノタイプ)、最後にプレス機を使って仕上げます。
切ったり、貼ったり、絵の具を塗ったり、いろいろな工夫と、
複合的な手作業によって、予想外なものができる楽しさを体感しましょう!

慣れてしまえば、版から刷り上がりまで、30分位で出来上がります。
一つの版も、絵の具ののせ方でいろいろな表情が出てきます。手や筆を使って色をつけていきます。
サインを入れて額装すると、とてもいい雰囲気になります。
ぜひ、お試し下さい。(額装は別途になります。)


ご予約ください

日 時:2018年12月8日(土) 11:00-17:30
お好きな時間にお越しください。1時間半程度で工程は終わると思います。
場 所:羽黒洞 文京区湯島4-6-11 湯島ハイタウン201
費 用:一人3000円(付き添いの方はいだきません。) 
※お子様はつき添いの方とご参加ください。未就学児は無料です。
絵の具を使用します。汚れてもよい服装でお越しください。
お問合せ:090-6130-4009(富野)


内藤瑶子さんの作品


内藤瑶子さんの息子さん5歳の作品


息子さんの作品です


息子さん制作風景




今月の展示
New Exhibition
野口忠行 油彩・水彩・掛軸 個展
2018年11月23日(金)〜12月1日(土)
会期中無休
11:00-18:30 (最終日は16:00まで)

1981年より32度の渡ペルー。
アンデス山中の農民達はいつも変わることなく暖かく私を迎えてくれ、多くの感動を与えてくれます。
自然崇拝、自然共存の姿は、日本の生活に疲れた私に多くの示唆を投げかけ、生きることの意味を問いかけます。
愛すべき民を求めて、2019年1月又アンデスへ発ちます。
野口忠行


帰り道 油彩 F20


朝市のインディオ達 水彩・和紙 F15


アルパー弾き 掛軸 105x42cm



略歴

1938 福岡県大川市生
1959 武蔵野美大卒
1968 二紀展二紀賞受賞
1969 文化庁主催現代美術選抜展招待作品、二紀会同人推挙
1980 筑後の画家展(青木繁・坂本繁二郎誕生100年記念)招待出品
1981 この年よりから南米ペルーの旅32回、通算13年間の滞在となる
その間ペルーのほかエクアドル・パナマ・ブラジル・パラグアイ・メキシコ・
アルゼンチン・ボリビア・ヨーロッパ・モロッコ・インドを取材
1989 移住90周年記念招待個展(リマ市)、ペルー文化庁主催芸術祭招待出品(リマ市)
1990 万国花と緑の博覧会(大阪)「ペルーに魅せられた画家展」ペルー政府招待出品
1991-92 コーラル展出品(福岡日動画廊)
1991
ペルー大統領官邸にてフジモリ大統領と会見、官邸に「クスコの夫婦」100号作品寄贈
1994 画業30周年個展(福岡市美術館)
1999 東京羽黒洞木村東介画廊にて斉藤真一「異郷への憧れ」2人展
大川市内小中12校すべてに作品寄贈終了
2004-05 Inti Raimi(太陽の祭り)壁画制作 (1500cm-245cm)
2007 国立アグラリア・モリーナ大学、国立サン・マルコス大学招待個展(リマ市)
2008 国際馬鈴薯年ペルー代表として招待個展(イタリアローマFAO国連本部)
2012 在日本ペルー共和国大使館 新築落成記念招待個展
2016 ニューヨークセーラムギャラリーにて個展

M E N U

Top
おしらせ
過去の展示

作家紹介
書籍販売
Link
Info
貸画廊のご案内
Mail

木村東介について
(1)
(2)(3)
(4)